祐天寺駅東口からすぐの歯医者さん

〒153-0052 東京都目黒区祐天寺2-14-8 ウェストフォトビル3F
祐天寺駅東口 徒歩2分

診療時間
10:00~13:00
14:00~19:00

△:14:00~17:00

☆:10:00〜13:00/14:00〜16:00

休診日:祝日

お電話でのご予約・お問い合わせはこちらへ

03-3793-5515

口腔機能低下症の治療

シニア世代の「お口のトラブル」
オーラルフレイルを予防と改善につなげます

 

加齢に伴って口腔機能が低下し、やがて全身に影響を及ぼす「オーラルフレイル」は、患者さん自身より、ご家族が気づくケースが多くなっています。食べこぼしや食事中のむせ、滑舌の悪さなどが続くような場合は、オーラルフレイルの可能性があります。一つ一つは些細なことでも

放っておくと食欲の減退や社会性の低下につながり、要介護リスクも高まります。また、口腔機能低下はシニア世代の問題だけではなく若い世代でも同様におこっています。

口腔機能低下を早期に食い止め、適切な予防や治療につなげるためには、周囲に気づきが大切です。小さなサインを見逃さないように、毎日の(噛む・飲み込む・話す)をさりげなくチェックし、「ちょっとおかしいな」と思ったらお気軽にご相談ください。

生涯にわたって通えるクリニックをめざし
口腔機能低下の予防にも力を入れています

当院は、「口の中から全身をみて病気を予防する」という医院コンセプトに基づき、「オーラルフレイル」の早期発見・早期治療に力を入れています。オーラルフレイルは、加齢に伴う歯の減少や口腔内環境の悪化によって、口腔機能が衰えることを指します。口腔機能が衰えると食べる力や話す力が弱まり、栄養不足や気分の落ち込みなどにつながって、やがて心身ともに弱ってしまうのです。明るく健やかなシニアライフを送るためには、心身の機能維持が欠かせません。当院では定期的ケアとトレーニング、適切な治療を通して口腔機能の低下を防ぎ、「80才で20本」の達成と合わせて、皆さんの健康寿命に貢献したいと考えています。

口腔機能低下症の流れ

お口の検査・診断

お口の中を拝見し、口腔内環境、咬合力や舌圧、滑舌などの個別的機能、咀嚼・嚥下における総合的機能の3分野・7項目について専用の検査機器を用いた精密検査を行い、数値データの評価を行ます。7項目うち3項目以上該当する場合は口腔機能低下症(オーラルフレイル)と診断し、お一人お一人の状態にマッチした「口腔機能向上プログラム」を立案致します。丁寧なケアとトレーニングによって、衰えた機能の回復を目指します。

口腔内環境へのアプローチ

生まれもった歯だけではなく、口に入れる義歯を清潔に保つことも大切です。当院では通常のブラッシング方法に加え、義歯を使用している場合は義歯のブラッシング方法や内服薬などんお影響によっても少なくなります。さまざまな原因によって起こる口腔乾燥を改善するため、唾液腺の萎縮を防止するマッサージ指導も行っています。

唇・舌・呼吸の機能へのアプローチ

咀嚼力の低下は、歯の欠損や義歯の不適合による噛み合わせの問題のほか、加齢や脳血管疾患による神経や筋肉の機能低下などによっても起こります。当院では、近年メディアでも紹介されるようになってきた口腔周囲筋を鍛える自宅トレーニングを中心に、舌の機能を鍛えていくストレッチや器具などを用いた舌訓練も行い、口まわり・唇・舌の機能向上をサポートしてします。

 

咀嚼・嚥下機能の改善

食べこぼしや食事中のむせなどの嚥下消化は食欲だけでなく、食事の多様性まで引き下げます。摂食・嚥下機能が弱まると全身の筋力が弱まる全身フレイルの原因になり、要介護や誤嚥性肺炎などのリスクも高まってしまいます。当院では口腔機能トレーニングのほか咀嚼調整食品などを用いた訓練も提案。口腔機能を回復させることで、むせることを減らしていきます。そのことで他の歯科治療も受けやすくなります。

検診・歯石取り・歯のクリーニング・フッ素塗布などもご予約いただけます。3ヶ月先のご予約もお気軽にどうぞ。

03-3793-5515

新着情報

2021年4月19日
4月20日(火)院内研修のため、午後休診致します。
2021年4月19日
4月22(木)学校検診のため休診致します。
2021年4月19日
4月の2回目日曜診療は院外研修のため休診させていただきます。

診療時間

 
午前 ×
午後 ×

午前:10:00~13:00
午後:14:00~19:00
△:14:00~17:00
☆:10:00〜13:00  14:00~17:00

休診日:祝日

03-3793-5515

〒153-0052
東京都目黒区祐天寺2-14-8 ウェストフォトビル3F